代表者名 石田 正和(いしだ まさかず)
連絡先 氏 名 村上 宣雄(むらかみ のぶお)
住 所 〒529-0521
滋賀県長浜市余呉町下余呉950番地
電 話 0749-86-2347
FAX 0749-86-2152
メール nm7530@wondernet.ne.jp
ホームページ  
 活動写真 nophoto300 
活動分野  学術・文化・芸術・スポーツ、子どもの健全育成、市民活動やNPO等への支援、観光の振興、農山漁村及び中山間地域の振興
活動内容
(実績含む)
  1. 平成26年度も第5回「伊香美術展覧会」として開催する。昨年同様長浜市子供美術展覧会と同時開催が決定。
    例年と異なる点は次の3点である。1-学校の参加を幅広くよびかけていく。25年度は会場が「長浜市子ども美術展」と同日開催となったため、展示できるスペースに狭かったが、工夫して700点程度を展示したい。
  2. 美術に対する若い人の感性もかわってきているので、展示方法に工夫を加えて、住民参加型の展覧会を模索していきたい。
    住民参加とは静かに鑑賞するだけではなく、作品を作製する講座に参加したり、作品を作製している作家との交流が出来る場を提供したい。
    書の大人の講座3回と夏休み町別子供書道教室や写生大会のま開催が決定した。
  3. 市民が芸術に気楽に親しめるために、「初心者のための写真撮影講座」・「日常生活に役立つ書の描き方」「楽しい油絵入門」・「切り絵講座」などを開催する。講師は本会の多数の専門委員が対応できる。

■ 事業スケジュール

  • 4月~6月--計画作成期間-前年度の反省に基づく展覧会の開催計画。いくつかの新規講座の開設計画。イベント計画。
  • 7月~8月--部門別講座開設。専門委員等の資質向上講座(一般市民参加自由)。展覧会の準備。
           大人のための書道教室の開催。夏休みこども写生大会と書道教室の開催。
  • 9月~10月--作品制作期間--多くの人が作品を作成する期間。顧問の先生に指導助言がもらえる場を設定する。
    大人の書道教室を開催し、作品の資質向上の場とする。(一般に広く呼びかける )
  • 10月~11月-展覧会開催期間 (11月28日~12月1日に決定) 今までとは違ったユニークな展示会場を設定する。
  • 12月~3月--報告集の発刊と1年間の反省をする。報告書には新規事業の結果を掲載する。
活動目的 本会は、旧伊香郡の作品を創る人々の生き甲斐を高め、若い子ども達から大人までの幅広い人々の活動の場を提供し、支援しています。
現況は作品を作る人も高齢化してきているので、若い人の作品作りを支援していきたいと考えています。
伊香郡の時代は各町からの補助金もあり、展覧会の開催も安定していましたが、長浜市になってからは補助金もなく、個人の寄付と企業や商店の協賛金で運営しているのが実態です。
本会の活動は「美術展を是非続けてほしい」という多数の声に応える形で実行委員が必死になって取り組んでいます。
活動PR
  • 現在「無審査・自由出品」という今までにない全く新しいスタイルの展覧会を開催していますが、出品者の層を広げていきたいと考えています。
  • 本会の活動はすべてボランティアによって支えられています。
    実行委員も含め総数70名近い人によってこの取り組みは続いています。
    このスタイルを維持しながら新しいボランティアの参画をうながしたいと思います。
  • 年間50万円近く必要な資金は寄付と企業の協賛金が中心です。
    これを講座の開設などで自己資金の確保に務めます。
    今年度は書部門、絵画部門、写真部門で講座の解説を企画しています。
  • いくつかの芸術・文化活動を推進している組織と連携をして新しい取り組みに挑戦していきます。
主な活動場所 展覧会の会場はここ数年「木之本運動広場・体育館」に決まっている。
また講座等は、公民館や学校を使わせてもらっている。
活動地域 高月、木之本、余呉、西浅井
活動日・時間 伊香美術展覧会の開催が本会のメイン事業である。
毎年11月末から4日間実施する。
今年度(平成26年度)は11月28日~12月1日の4日間です。美術に関する講座等はその都度広報で住民に知らせている。
法人格の有無 取得しない
会員募集 随時 
会費・入会金 なし 
会員数 実行委員や関係ボランティア含めて約70名
設立年月 2009年4月
会 報 あり(年に1度報告集を全戸配布している。)